サンクスギビングで七面鳥丸ごといただきました!

今年のサンクスギビングは、アメリカらしく?七面鳥などそれっぽいことをしたので簡単にまとめてみました。

サンクスギビング(感謝祭)とは?

アメリカのサンクスギビングは11月の第4木曜日に行うと決まっているので、今年(2016年)は11月14日でした。
起源は1621年に、イギリスからアメリカに移住してきた人たちが、アメリカでの初めての収穫を神に感謝し、冬を越す知恵を授けてくれたネイティブアメリカンを招待して祝宴をしたのが起源となっているそうです。
また、なぜみんなターキー(七面鳥)を食べるのかというのもこの祝宴の時に七面鳥の丸焼きがあったからという説があります。

というわけで、サンクスギビングではかなり大量のターキーが食べられてしまいます。さすがに、かわいそう?と思ったのか、ホワイトハウスでサンクスギビング当日に大統領が2羽のターキーを恩赦するというイベントが行われます。今年もオバマ大統領が2羽のターキーを恩赦しました。

スーパーで見かけた関連グッズ

そういうわけで、サンクスギビング前にホームセンターやスーパーに行くと丸焼き用のターキーや焼くための機材が売っています。このロースターとか、ターキー以外に使うのか?というサイズですけど目の前で購入していった人もいるので売れているようです。(笑)

img_6390

img_6388

家でのサンクスギビング

そんな中、我が家では友人に半生状態のターキーを買ってきてもらい家のオーブンで焼きました!「Boston Market」というチェーン店のターキーがおいしいとのことで買ってきてもらいました!

すでに焦げ目が少しついている半生ターキーが袋に入っています。この袋に入れたままオーブンで90分焼くとのことで、この袋のおかげでパサパサにならずに済むのだそう。

img_7952

img_7954

img_7957

そして、副菜もそろいいざ実食!やはり袋のおかげかパサパサしてなくておいしい!チキンと同じくらいかも(笑)。そしてホワイトミート(胸肉、ささ身など上半身で脂身が少ない部位)、ダークミート(もも、ドラムなど下半身で脂身が多い部位)といった部位別の違いもしっかりと味わうことができて大満足でした。
ただ、5人で食べたのですが食べきれず、丸1日たった今でも残っているので残り物レシピを検索しないとですが(笑)

img_7963

サンクスギビングが終わった次の日はブラックフライデーと呼ばれている大セールが行われる日になります。日本と違い、アメリカではあまりすごいセールをいつもはしていない感じなので、特にこの日のセールが目立っています。最近ではAmazonなどのネットショッピングでは次の月曜日をサイバーマンデーとしてセールをすることも多くなっているようです。何か欲しい物がないかチェックせねば、、、