マンハッタン交通の救世主「iRideNYC」

ニューヨーク、マンハッタン地区は慢性的な渋滞でバスは時間通りに来ません。地下鉄もPlaned Workで止まる駅が変わったり、遅延したりします。駅のインフラもばらばらで電光掲示板がある駅、ない駅、電車自体も車内に次に止まる駅情報が出るもの、出ないものがあったりします。なので、地下鉄などを使っても時間通りに行くのは中々大変な事だったりします。グーグルマップを使えば経路の検索は出来るのですが、時刻表とか到着時間はあんまり当てに出来ず、なにかとストレスが多いです。

一方で最近は、Citi Bikeというレンタサイクル制度も充実してきています。マンハッタン内で観光客含め乗っている人を多くみかけます。Citi Bikeはマンハッタンやその周りに自転車が置いてあるステーションがあり、そこで手続きをすれば誰でも借りて、ほかのステーションに返すことが出来るシステムです。各ステーションではクレジットカードで決済することができ、1日約10ドルで乗り放題になります。ただ、一度ステーションから出発すると30分以内にステーションに返さないと延長料金がかかります。遠くまで行く場合は、一度返してまたすぐ借りることで延長料金を払わないで移動することが出来ます。

Citi Bikeを使えば自分のペースでマンハッタンをまわる事が出来ます。自転車用レーンもありますが、交通状況はあまり良くなくヘルメットも必須と言われているので、観光しにきていきなり借りて乗るのはちょっとハードルが高いかと思います。

そこで、やはり地下鉄やバスがメインの交通手段になるのですが、そこで活躍しそうなのが以下のサイト「iRideNYC」です!

このサイトを使うと、バス、地下鉄、CitiBikeのステーションのリアルタムの情報がわかりやすく確認することが出来ます。例えば、バスの停留所を選択すると、そこを通るバスが何個前のバス停にいるかを確認できます。地下鉄の場合は、あと何分で駅に到着するか、CitiBikeはそのステーションに置いてある自動車の数などがまとめて確認できます。

IMG_5750 IMG_5751 IMG_5752

今までも、それぞれ個別の情報を確認するサイトやアプリはあったのですが、こうやってひとまとめに確認することが出来るのはこのサイトぐらいなのではないかと思います。

おすすめの使い方としては、まずグーグルマップで経路を確認して、iRideNYCで次に来る電車の時間を確認すると大分ストレスが減るかと思います。

開発者としては、これらの情報がAPIとして公開されているようなので何か作りたくなったり、、、やはりこういう所は進んでるなーって感じがします。