ニューヨークで免許取得 その2

前回は5時間講習を受けるところまででした。

ニューヨークでの免許取得 その1
国際免許証があっても免許取得は必要? 旅行で海外に来た際には国際免許証が使えますが、こちらに定住する場合は入居してから30日以内に取得する...

今回は、5時間講習が終わったあとについて紹介します。

路上での練習

5時間講習を受けたFujiドライビングスクールでは日本と同じような指導官が助手席に座って、用意された車で公道を練習することもできます。自分の場合は、毎日の通勤ですでに乗っていたので特別講習は受けずに試験の予約をしてしまいました。日本で免許を持っていなかったり、ペーパードライバーだった場合はこのサービスを使う人が多いそうです。

試験本番

いざ、予約した試験当日になったら、免許を持っている人に運転してもらい、指定された集合場所まで行く必要があります。このとき、試験を
受ける人は運転していてはいけないという謎ルールがあるのですが、ほとんどの人は受験者が運転して、集合場所、もしくは近くにに着いてから交代します(笑)。

集合場所ではほとんどの場合、ほかにも受験する人が並んでいるのでその列に加わり、自分の番が来るのを待ちます。自分の番になると担当者が書類の確認や車の登録確認(きちんとした車かどうか)をします。その後、助手席に乗り込んできて、試験がスタートします。このときは同乗してきた人は降りて待たなくてはなりません。免許を取得しようとしていると言うことは、まだアメリカに来て間もない人も多いので、いきなりアメリカ人と2人になって試験を受けるのはなかなか緊張します、、自分の時もかなり緊張して、最初の左折でいきなり反対車線に行きそうになったりしました、、、
試験自体はほぼ5時間講習などで聞いていた内容なので特別難しいことはなく、試験が終わり合格だよと告げられて、合格証&免許証の代わりになるレシートを受け取ります。そこには試験結果ものっていて、きちんと左折時にふくらんだのは減点されていました(笑)。100点から減点方式で70点未満になると不合格ですが、ちょうど70点で合格しました。ぎりぎりでも合格だったのでOKです。

路上試験に合格すると2週間くらいでちゃんとした免許証が家に届くので、そしたら免許取得は完了です!

JPEGイメージ-BF7F38456086-1
ただ、免許取得後6ヶ月以内にスピード違反で捕まると60日間の免停になってしまうので要注意を。