Intelが開発するVRHMD”Alloy”、オープンソース化&Windows10で使用可へ

VRFocusの記事によると、2016 Intel Developer Forum(IDF)上でIntelが自社開発しているVRHMD”Alloy”の発表がありました。

AlloyはAll in oneタイプのHMDで別途PCとの接続を必要としないタイプのHMDです。RealSenseテクノロジーによりHMDのトラッキング、体験者の手のインタラクションが出来るようになるとのこと。2017年にはハードウェアのオープンソース化、APIを公開することで各自のブランドでこのHMDを出すことが出来るようになるとのことです。

ムービーではパーティ会場でグラスを自分の手で取るといったインタラクションを紹介しています。

また、同じForumの別のセッションではMicrosoftからAlloyを、Windows10アップデートによりMicrosoftのHololensと同様に追加のソフト無しで使えるようになるとの発表がありました。これは、Windows 10アップデートに含まれるWindows Holographic ShellをAlloyがサポートすることによって実現するとのことで、こちらも2017年をターゲットにしています。

こちらのムービーでは、3D空間に2Dの画面を入れ込んだようなデモになっています。同様のデモはEnvelopVRがすでにβ版でOculus/Vive向けに出していますがこのような表示が今後は主流になるのでしょうか。個人的には疲れそうですが、、、

ともあれ、オープンソース化されるVRHMDがWindows10に標準対応していくとのことで少しずつ普及が進んでいくかもしれません。